ニキビタイプ別の正しい洗顔方法&洗顔料

MENU

ニキビは1種類ではない!色々な段階がある。

ニキビは色々な段階があります。大きく分けてニキビの症状には4段階あります。初期段階の白ニキビ、第二段階の黒ニキビ、第三弾階の赤ニキビ、第四弾階の黄ニキビです。白ニキビ〜黒ニキビの間にしっかりケアしてあげれば大丈夫ですが、赤ニキビ〜黄ニキビを放置していると炎症が真皮層や皮下の組織にダメージを与えてニキビ跡となって肌に残ってしまいます。

 

ニキビ跡については完全に綺麗にするまでにはかなりの時間がかかります。また、凸凹のクレーターなど症状がひどい場合は自力で治すのが困難になり、クリニックでの治療が必要になってきます。ただ、コラーゲンの生成を促進してくれる化粧品を使うことで肌にハリがでて目立ちにくくさせることはできます。

 

ここでは、スキンケアで一番大切な洗顔について紹介したいと思います。ニキビケアについての差はそこまでないのですが、ニキビの種類別に適切な洗顔方法と洗顔料の選び方などを調べてみたので、よかったら参考にしてみてください。

 

白ニキビ・黒ニキビの洗顔方法と洗顔料の選び方

白ニキビは毛穴から分泌された皮脂や汚れが毛穴を塞いでいる状態。黒ニキビは毛穴の中に詰まった皮脂が空気にさらされたことで参加して、固くなってしまった状態です。黒ずみとも言われています。白ニキビや黒ニキビは毛穴から盛り上がっているので、爪やピンセットで引っこ抜いたり押し出したりしてしまいがちです。

 

炎症を起こすよりは毛穴に詰まった汚れを取り除くことは大事だと実際に治療でも行われています。しかし、汚れた手や器具を使ったり無理やり押し出すのは周りの細胞も傷つけてしまったり、毛穴を広げてしまいます。

 

白ニキビや黒ニキビには微粒子のスクラブが入った洗顔料で優しく洗ってあげることで改善できます。お風呂やホットタオルで毛穴を開いてあげるとより効果的です。

 

赤ニキビ・黄ニキビの洗顔方法と洗顔料の選び方

黒ニキビが悪化して炎症を起こした状態が赤ニキビ、赤ニキビが悪化して腫れと膿をともなったのが黄ニキビです。これら2つのニキビは肌表面でぼこぼこと盛り上がってしまうので、ファンデーションなどメイクで隠すのも難しくなります。

 

どうして腫れてしまうのかというと、ニキビの大好物であるアクネ菌を細胞が一生懸命倒そうと頑張って戦ってくれているからです。赤ニキビと黄色ニキビはあまり刺激を与えないようなケアが必要です。

 

赤ニキビと黄色ニキビはスクラブなどが入っていない薬用洗顔料や洗いあがりの早いクレイ洗顔で優しく洗ってあげるのがおすすめです。洗顔後は氷水や保冷剤で冷やして炎症を落ち着かせてあげることもポイントです。