思春期ニキビ肌の正しいケア方法とスキンケアコスメの選び方

MENU

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは10代の子供から大人の体に成長する第二次性徴と深い関係があるんです。第二次性徴の時期に入ると、男性はエストステロンやアンドロゲン、セ女性はエストロゲンと呼ばれているホルモンの分泌が活性化されます。

 

これらのホルモンによって、ホルモンバランスが変化して皮脂分泌量が増えることが思春期ニキビの原因になっていると言われています。

 

過剰分泌した皮脂が毛穴に詰まり、皮脂や汚れはニキビの原因であるアクネ菌の大好物です。皮脂が過剰分泌することでアクネ菌はどんどん増殖してしまうのですが、このアクネ菌をやっつけてくれるのが白血球です。

 

ただ、戦う時に白血球は活性酸素を発生させるので、これが炎症をおこし赤ニキビになってしまうんですね。

 

思春期ニキビと大人ニキビの違い

皮脂の過剰分泌が原因でできるのが思春期ニキビで、主にTゾーンにできやすいのに対し、大人ニキビは乾燥によりUゾーンなどと言われるあごやフェイスラインにできるのが特徴です。社会人になったり生活環境がガラリと変わることによるストレスなどが原因だと言われています。

 

思春期ニキビの正しいケア方法

思春期ニキビができる肌は脂でギトギト。ベタベタして気持ち悪いからなどと、1日に何度も洗顔してしまいがちですが、それは間違いです。確かに思春期ニキビの原因になる皮脂を取り除き清潔な肌に保つことは大事です。

 

でも、洗浄力の高い洗顔料で何度も洗えば肌への負担はかなり大きくなります。お風呂やホットタオルで肌を柔らかくして毛穴をしっかり開いてあげて、泡立てない洗顔料で優しく撫でるように洗ってあげます。ゴシゴシ洗いはNGです。

 

洗顔後はオイルフリーの薬用化粧水などニキビコスメでしっかり保湿してあげましょう。炎症を起こしたニキビは氷水や保冷剤などで鎮静させてあげてみてください。