肌を汚く見せるニキビ跡とさよならするには

MENU

自宅でできるニキビ跡ケア方法

ぷっくり膨らんだニキビが治ったと思ったら赤や茶色く変色したニキビ跡が長い間肌に残っている。それを放置しておくとクレーターになったり広範囲に赤みのあるニキビ跡が広がってしまう。

 

ニキビ跡をファンデーションやコンシーラーで隠すにも限界があるし、刺激を与え続けるのは悪化してしまいそうで怖いですよね。痛みがでてきたり広範囲に広がった場合は、皮膚科に行って治療することも考えましょう。ここでは、自宅でできるニキビ跡ケアを紹介します。

 

赤みのあるニキビ跡改善ケア

赤みのあるニキビ跡はセルフケアでも改善されやすいタイプです。有効的なスキンケアはビタミンCの入った化粧水や美容液を使ったアイテムを取り入れることです。できれば浸透力の高いビタミンC誘導体を配合したものを使うのが効果的です。

 

ビタミンCをサプリなどで摂取する場合は、水溶性なためすぐに体外に流れてしまうのであまり効果は期待できないので注意です。時間があれば美容液をイオン導入器などで週1くらいのスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。

 

茶色や紫色した色素沈着タイプの改善ケア

一見シミと間違えやすいのが色素沈着タイプのニキビ跡です。このタイプも炎症タイプと比べると改善までに時間がかかってしまいますが、セルフケアで薄くしていくことは可能です。色素沈着タイプのケアに有効と言われているのが、ピーリングでのケアを取り入れることです。

 

基礎的なケアは赤みタイプのケアと同じです。洗顔後に水気をふきとり優しく古い角質を取り除いてあげましょう。色素沈着のニキビ跡を紫外線に当てると切れるまでに時間がかかるので早く角質は取り除くことが大事だからです。ピーリングは酸度の低いものから始めてみるのがおすすめです。

 

凸凹したクレータータイプの改善ケア

クレータータイプは正直セルフケアで改善するのには多大な時間がかかります。なるべく早くどうにかしたいという人は美容皮膚科での治療がおすすめです。軽度ならケミカルピーリング、重度ならレーザーやFGF治療などで目立たない程度までは治せるようになってきています。

 

セルフケアよりは治療費がかかりますが一度相談してみる価値はあります。どうしてもセルフケアがしたいと考えているなら、コラーゲンの生成を促してくれる化粧水や美容液を使うことで肌のハリがでて、凸凹が目立たなくなることが期待できます。