ホルモンバランスとニキビの深い関係性

MENU

女性ホルモンとニキビの関係を徹底リサーチしてみた

繰り返すニキビは20代後半の女性に多い大人ニキビの特徴です。この大人ニキビを予防するためには、実は女性ホルモンの力がキーポイントになっているんです。女性ホルモンが大人ニキビの予防にどう働くのか徹底リサーチしてみました。

 

しっかりスキンケアしているのに、繰り返しニキビができて悩んでいる人は是非チェックしてみてください。

 

女性ホルモンの肌への影響について

女性ホルモンには2種類あります。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があり、それぞれ働きが異なります。エストロゲンには皮脂分泌を抑えて肌をきめ細かく整えてくれる働きがあります。それとは逆にプロゲステロンは皮脂分泌を促進させます。

 

女性が生理前になるとニキビや吹き出物などの肌荒れが起こりやすくなるという人が多いですが、黄体ホルモンの影響だと思っている人がほとんどだと思います。しかし、医学的には100%黄体ホルモンの影響だと言えないのが現状です。でも、エストロゲンとプロゲステロンのバランスが保たれていることで美肌をキープできるのは間違いありません。

 

エストロゲンがニキビを防いでくれる?

エストロゲンには男性ホルモンと正反対の働きをもっています。大人ニキビができてしまうのは、ホルモンバランスの乱れなどによって男性ホルモンの働きが活性化して、角質層の柔軟性が低下して古い角質がたまり、それが毛穴に詰まって炎症をおこし大人ニキビへ繋がると言われています。

 

そのため、エストロゲンの働きを活性化させてあげることで、過剰な皮脂分泌を抑えつつ、肌のハリや潤いに重要なセラミドの生成が促進して肌が柔軟になります。このことによって、ニキビの原因になる毛穴づまりを防いで大人ニキビの予防に繋がるんですね。豆乳を飲んだりピルを飲んだりしてホルモンバランスの乱れを整える内側のケアをしてあげてみてください。